2010年 11月 26日

ベトナム映画「夏至」をみている

ベトナムはハノイに
正味四日の旅行をするので
(ほんとは長くいきたいけど
 仕事の休みが夫とあわず)

気分を盛り上げようと
TSUTAYAで「夏至」という
ハノイが舞台の映画を借りてきて、みた

三姉妹の
きれいな
きれいな
したたるような色合いの
情愛とカラダのねっとりした映画だと思ってみていたら


やたらに色気全開だった三女が
最後に
天然くるくるぱーだったことがわかり
(というか無知ゆえの色気違いぶりだったということか)
あっけにとられていたら
そのほかの問題はそのままで
アッハッハと終わる、という
びっくりな展開だった

それも含めて南国ぽいかも
スコールがきてそのあとスカーンと晴れる、みたいな



ハノイへの憧れが増したので
よい映画でした
[PR]

by writetoyou | 2010-11-26 11:30


<< 東京に惑ってきた      はくたかのアナウンスが楽しんご >>