いつか書く手紙

write2you.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 19日

福島にいってきました その2:子どもがこけしの顔を描くと、わざとかと思うほど本人そっくりになるらしい

福島の「四季の里」で
こけしの絵付け体験(1000円でできます)をしながら
スタッフのお姉さんに聞きました。

「こけしは描いた人の顔に似ます」
「そうなんですか」
「はい。ふしぎですけど、似ます。絶対に似ます」
「お姉さんのつくったこけしはありますか」
「ここにはないです。下手で見せられません。家にあります」
「こけし、かわいいですよね」
「はい。お子さんがこけしの顔を描いたりすると
 もう自分の顔をわざと描いたのかと思うほどそっくりになりますよ」
「へー。おもしろいですね」

「わたしはこの○○○○先生という人のこけしがすきで
 展示会で買って、もっているのです」
「どこで買えますか」
「近くに××館というのがあります。
 こけしが好きなら、ここの
 土湯(つちゆ。でも、ツチュー、ときこえる)こけしだけじゃなくて
 いろんな種類の東北のこけしが(全部で10系統くらいあるらしい)
 おいてあるから、お客さん、みにいったらいいです。
 入場料が300円かな、かかります」
「はい」

「××館にいって、でもいいのがなかったら
 またうちに来てこけしを買っていくお客さんもよくおられます」
「そうなんですね」
「××館でこけしの祭りをやっていたとき、たくさんこけしがありました。
 それでわたしは3,000円でのれんを買ったんですよ」
「それは、いろんなこけしが描かれているんですか」
「そうです」

「お客さんは最近は少ないですか」
「少ないですね。いまはまあ冬なので少ないですが
 きょう土曜日なのに、ほら、
 お客さんたち(わたしと友達のふたり)しかいませんし」
「さみしいですね」
「まえは観光バスで団体さんが来ていたんです。
 それがなくなってしまったから」

ここまでは最初のお姉さんに聞いた話。
わたしが絵付けを熱心にやりすぎて時間がかかるので
途中でお姉さんが交代しました。

あとは、最後のお姉さんに聞いた話。

「あ、去年の夏に、ここで音楽のイベントあったんですか」
「ああ…ありましたよ。なんか…震災関連の…」
「人、来ましたか」
「いーっぱい人が来ました」
「そうなんですか」
「坂本龍一さんが来たんですよ!(目がかがやく)」

「ほかにはだれが来たんですか」
「えーっと、えーっと…
 有名な人ですよ…でも歳が上の人です、
 世代が上の…(遠藤ミチロウさんのことではないか)
 とにかく、知る人ぞ知る有名な人が(大友良英さんのことかな)
 いっぱい(他にもいっぱい来てたから)来たんですよ!
 それで、ここの芝生のところと
 隣りの○○運動公園と、自由にいききできるんです。
 無料なんですよ。
 それで、遠くからもお客さん来てましたよ。
 東京とか、大阪とか…。
 テレビにも最近まで何回か出てたんですよ」
「ああ、はい、わたしNHKスペシャルでみましたよ!
 それで知ったんです」
「そうですか!テレビに出てたんですよ」

⇒よくわかったこと
・坂本龍一さんはやっぱり超有名人だ
・ミュージシャンがたくさん来るとうれしい
・知らないミュージシャンでもたくさん来るとうれしい
・お客さんがたくさん来るとうれしい
・県外からも遠くからも来るとうれしい
・テレビの番組にもなってうれしい
・みんな、「原発」とはいわない。「震災」という
[PR]

by writetoyou | 2012-01-19 12:40


<< 福島にいってきました その3:...      福島にいってきました その1:... >>