いつか書く手紙

write2you.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 09日

金魚に餌をやる




この間、
会社のそばを一人で歩いていたときに見つけた
金魚鉢。





f0117651_134811.jpg






蓮の葉の下に
隠れている
赤い魚。

マティスの絵に
金魚に材を取ったものがあるけれど
写真に撮って
見返すと
その絵のことを思い出した。

昔、
実家に池があった頃は
金魚をたくさん飼っていた。
大きくなって
鯉と見紛うばかりのものもあった。

苔色の
乾いた丸い餌を
手で握って
バラバラとやっていた。

それは少しいい匂いがした

鰹節とか青海苔みたいなような匂い。

学校から帰ってきて
父に
餌をやっていいか
というようなことを訊き
(実家は寿司屋なので
父は大抵寿司を握っていた。)
いいよと言われて
餌をやった。
というのも
一日に
二度も三度もやると
水が悪くなってしまうから
まだ父があまりやっていないときしか
やれないのだった。

それはほんとうに楽しい遊びだった。

なんでもない子供時代だったけれど
思い出すことがたくさんあるのは
嬉しい。
幸せなことだと思う。
[PR]

by writetoyou | 2007-04-09 01:34 | 動物


<< 物事の終わり      似た夢 >>