2007年 05月 06日

雨の日に読む





今日は雨です

しとしと
降り続きます

昼間なのに
暗くて
明かりが必要で
それが少し憂鬱です

妹は
四日間いっていた
ダンスの合宿で疲れたらしく
昏々と眠っています

わたしはひとりで
本棚を整理しながら
渡辺一夫を出してきて
読み始めてしまいました

雨の日は読書が進みます
静かだから

渡辺一夫はまじめな人です
命を燃やし尽くすほど真摯です
大江健三郎の師であった人です

重たい文章ですが
おもしろく思いながら読んでいます
格闘して掴み取った言葉というのは
こういうのなのだと思いました


小休止して
これから祖父母に電話をかけます
[PR]

by writetoyou | 2007-05-06 14:42 | この頃


<< あわ餅、目もらい、休養      目に眩しい >>