2007年 08月 07日

いつでも




いつでも思うことを
書き残していく
そんな人生もあると思います。

仕事をしてお金をもらうのも大切です。
頑張って働いたらその分稼げます。
「若いうちにたくさん働いて
 たくさんお金を貯めて
 おうちを買ってローンも払い切ったら
 仕事は辞めて、あなたの稼ぎでつつましく暮らすわ
 子どもと毎日遊んで歌ったり踊ったりして」
と言ったら彼氏は
「うん」といって笑っていました。

そしたら毎日
彼氏が仕事から帰ってきたら
お風呂も沸いていて
ご飯もあって
枝豆は茹でる直前で
ビールは冷えていて
必要ならマッサージもしよう。
学生のときはそれができていたんだから
仕事を辞めれば子どもがいたってできるはず。
(わたしはマッサージの専門学校にいくことを考えたことがあるくらい
マッサージするのがすきだし自信もあります)

そして毎日
何か自分が子どもだった頃の大事なことを思い出したら
それを記録しよう。
おばあさんが死んで悲しかったときのこと
犬が死んで悲しかったときのこと
いろんな大事なことを思い出してまとめたい。
今はそれをするだけの
時間と支度がありません。

会社で働けば
大儲けはなくても確実に
生きていくお金はもらえますが
その分時間も使うから
もうお金はあまりなくても大丈夫、と思えるくらいまで
安心や蓄えができれば
会社にいかずに暮らすこともできると思います。
[PR]

by writetoyou | 2007-08-07 22:41 | この頃


<< 夢の見過ぎ      夕焼け >>