カテゴリ:体( 85 )


2008年 07月 22日

お風呂で汗をかくこと




きのう、登山から帰って
(八合目でひき返した旨を会社で話したら
 みんなに「えーっ!」っていわれたから
 登山と呼ぶには甘いのかもしれないけれど)
お風呂に入ると
たくさん汗が出て気持ちがよかった。

きょうも筋肉痛なのでお風呂に入ります。
シャワーだと冷房の疲れがとれない気がします。
[PR]

by writetoyou | 2008-07-22 22:02 |
2008年 07月 11日

休むって大事なんだ!




今日、すてきなできごとがありました。

舌の痺れている範囲が狭まりました。
うれしい。

味がよくわからなくなり舌が痺れはじめてから二週間
舌の痺れている範囲は毎日拡大しつつ
また痺れの度合いも強まりつつあったので
戦々恐々としていました。

実は今日、こんなに会社をさぼって
(今週はいちおういってはいるもの、
 熱が出てぼーっとしたりで
 遅刻や早退ばかり・・・)
わたしはなんなんだ!
こんなの人からみたらさぼり以外の何者でもないし!
とすごくすごく悲しい情けなーい気分で仕事しておったら
あれ、と痺れている範囲が狭くなっていることに気づきました。

自己嫌悪しそうだけれど、さぼったり休んだりしている効果かもしれない
そう思ったら、やっぱり休むというのは一定量必要なんだ
それから、ひとによってタフさには違いがある
鍛えることもだいじだけど
まーじぶんの容量をみながら
さじかげんするしかないわ
と思いました。

このまま痺れがなくなったらいいなあ!
[PR]

by writetoyou | 2008-07-11 23:16 |
2008年 07月 07日

舌の痺れるひと、味のわからないひとへ




先日、日記に味がわからないと書きましたが
味がわからないというより
舌がしびれているのだとわかってきました。

舌のしびれ・味覚障害について
調べたり、診療所や医療関係者の知人にきいたりしました。
webで出てくる情報とリアルで聞く情報にはややズレがあったので
以下に、「舌 しびれ」と検索するひとの役に立ちそうなことを書こうと思います。

(検索してこの記事に来た方は、読んだらアタリをつけてぜひ病院へいってください
 書いているわたしはしろうとです)


【症状】

■舌の痺れ
  ・唇や舌の縁・先端がビリビリとしびれる

■味覚障害
  ・味がよくわからなくなる
  ・味全般ではなく、甘みだけがわからなくなったり
   舌の周縁部、先端部の感度が落ちているような感じがする 
  ・何も食べていないときでも口の中に苦みを感じる
  ・水など無味無臭のものを口に含んでも苦みなどの違和感がある


【何科を受診すべき?】
耳鼻咽喉科です。
そのほか、内科、歯科(口腔外科)、あとは漢方内科など。


【舌のしびれ・味覚障害の原因】
原因として考えられることはいくつかあるようです。

1. 亜鉛欠乏
2. 胃・食道の疾患
3. 特定の薬の副作用
4. 末梢神経の傷
5. 神経の伝達回路の異常
6. 嗅覚障害
7. 心因性 (舌痛症)


詳細は以下に書きますが、
いずれにせよ、以下の3点は共通していえるようです。
1. 早期治療が有効。気づいたらすぐ受診する。
2. ストレスをなるべく排除する。また、味覚障害や舌のしびれを意識しすぎない。
3. 激辛の食べ物、口内のやけどにつながる熱い食べ物などは避ける。



1. 亜鉛欠乏
その他、ビタミンB1・B6・B12、鉄、葉酸などの欠乏も関与します。

血液検査をして各ミネラル・ビタミンの血中濃度を測ればわかります。
治療として、不足栄養素を補うためのサプリメントを摂ることになります。
亜鉛欠乏には「プロマック」という亜鉛を含む胃の薬が処方されることが多いようです。

すぐには血中濃度も上がりませんが、気にせず気長に続けること、
症状が出てからなるべく早めに飲み始めることが有効です。


2. 胃・食道の疾患
胃潰瘍や逆流性食道炎など

・症状が重く、胃潰瘍が疑われれば胃カメラによる検査が必要になります。
・胃酸の出過ぎを抑える薬(ガスターなど)が処方されることが多いようです。
・胃や食道の状態の悪さ → 味覚障害につながることがあるそうです。
・胃酸過多で胃酸が逆流 → 口の中に苦みを感じることがあります。


3. 特定の薬の副作用
医師の診察を受ける際に、直近の服用薬・常備薬について説明してください。
味覚障害の副作用をもたらす薬が含まれていないか、調べてくれるはずです。
(もちろん、薬の副作用についてはwebで調べることもできます)


4. 末梢神経の傷
舌にある、味覚を知覚して伝える神経が傷ついている場合があります。
時間はかかりますが回復します。


5. 神経の伝達回路の異常
舌で感じた情報が脳へいく、その途中の道筋が寸断されてしまうことがあります。
神経の伝達物質がうまく分泌されないことがあるそうです。
ただし可能性としては低いので、これは他の原因を排除してから疑うことになるでしょう。


6. 嗅覚障害
風邪をひいて鼻がつまると味がわからなくなるように、
嗅覚に障害があると必然的に味覚もわからなくなります。
耳鼻科に相談してください。


7. 心因性 (舌痛症)
器質的な原因がみあたらないのに舌のしびれや味覚障害を訴えるケースが
近年増えてきているそうです。女性、特に40-50代に多いそうです。
まとめて「舌痛症 ぜっつうしょう」と呼ばれます。
神経質・まじめ・強迫的な性格のひとに多いようで、
あまり気にせず、ストレスを排除し、口の中を清潔に保ち、気長に過ごすのがよいようです。



■■■


わたしの場合、舌がびりびりしびれたり口の中が苦いのは
10日間ほど続いていて、原因はわかりません。
最初に気づいた日ほど味がわからないということはないので
生活に支障はないです。気になるだけ。

たぶんたいしたことないと思う。
(お医者さんもそういうし、自分でもそう思うようになった)

内科と漢方はいったので、あといくとしたら耳鼻科と歯科です。
そのうちいってみて、たぶん何もないということがわかって
しぜんと治るのを待つ、みたいな感じだと思います。

6月の前半に仕事が忙しくて、そのときに辛いものをよく食べていたので
それもあるかもしれないし
忙しいと毎日頭痛がして、毎日かならず頭痛薬を飲んでいて
それで胃の調子が悪くなったのかもしれない。

でもはっきりとした原因はわからないので
ストレスを減らすとか無理をしないという方法しかとれず、
舌がしびれるようになってから
体調が悪いときは、会社を休んだり早退したりするようになりました。
(これはいいことなのかもしれません)

と、こんな感じです。
この記事は
他に同じことでwebで調べるひとがいるかもしれないと考えて書きました。
[PR]

by writetoyou | 2008-07-07 19:43 |
2008年 07月 07日

シュウウエムラのクレンジングオイル(ホワイトニング)




f0117651_183591.jpg




どんなコンディションのときでも
これを使って顔を洗う瞬間は癒されます。
すごくいい匂いがするのです。

9,450円するのはわたしにはちょっと高いと感じますけど。
小さな瓶にしてコンビニや薬局で1,000円くらいで売ってくれたらいいのに。

シュウウエムラのクレンジングオイルは
たぶん全種類使ったことがあるんだけど
春に出たこのブルーのボトルのは
これまででいちばんいい匂いです。

化粧品の匂いって
使っているうちに変質していってしまうことも多い気がしますが
(ロクシタンの基礎化粧品を使っていますが
 すぐに匂いが変わってしまうものが多い気がする)
シュウウエムラのクレンジングはあまりそういうこともなく、
ずっといい匂いです。

こういうものを開発する仕事というのはすごいなーと思います。
[PR]

by writetoyou | 2008-07-07 18:10 |
2008年 07月 01日

きもの




f0117651_2149139.jpg




帯の締め方を練習したいです。
[PR]

by writetoyou | 2008-07-01 21:49 |
2008年 06月 29日

からだによい暮らしをします(味覚障害について)




味がわからなくなってさみしいですが
いわゆる自業自得です。

「自業自得でしょ!
 まさかヒガイシャイシキとかもってないよねまさか!!」
と身近な人からは詰められました。

「きちんと3食食べろ、
 仕事減らすように上司に相談しろ、
 疲れたらすぐ会社から帰れ、
 っていったよね!
 わかってて実行しないバカが悪い!」

はい。まったくその通りです。

子どもとかがいたら
こんな母親だとすごい迷惑。

金曜日に思いました。
わたしが思っているほどわたしが仕事をさぼっても人は困らない。
もう帰ろうと思って
メールの返信もたまっているけどパソコンを落として帰りました。

わたしとわたしとつながっている人にとっては
とうぜんわたしのほうが大事であり、
わたしと仕事で関わっている人にとっては
実はいうほどひとつひとつの仕事は大事ではありません。

別に遅れたっていいじゃん。
そもそも他の人がやらないから巻き取った仕事とか、
わたしが進めてるだけ、最初の状態よりいいわけだし。

まわりの人を見てても、
「えーそりゃないよ」というような仕事の仕方をする人もいる。
ほんとにね。
誰とも握らないで大事な案件進めちゃったり、すぐカッとなったりとかさ・・・。
それよりはまし(ほんとはこんな考え方はあまりよろしくないんだけど)。
志を低く持とう。
会社で出世したいわけじゃないし。べつにいい。何も困らない!
査定が下がったってまあ暮してはいけるんだし。
よいではないか。よいではないか。
と思いました。

と、こんなことを考えたのは
味がわからなくなると
さすがに休職の2文字がちらついたので
とたんにあせったのです。
後悔しました。
あーばか。

というわけで
昨日から
漢方薬を再開し、ストレッチをし、
病院で処方された薬(亜鉛の入った胃薬とビタミンB)を飲み
ゆっくり休み
家の掃除をし(お風呂や洗面所を磨いたり靴を洗ったり・・・
わたしは掃除をするとこころが癒されるたちなので)

充実の週末を過ごしています。

味がわからないと
悪くなってるのかどうなのかとかわからないし
なにより、甘いもの食べて
「あーあまーい。おいしー。いやされるー」
ってのがなくなってしまったのです。
それがつらい。

完全にわからないわけじゃなくて、
感度が落ちています。
特に甘みがわからない。
うまみとか野菜の甘みのような微妙なものがわかりません。
昨晩、鍋をしたんだけど
一緒に食べてる人はおいしいおいしいっていうのに
わかんないの。
おいしいはずなのに。
これは悲しい。

「気のせいじゃない?」っていわれる。
気のせいかもしれない。
確かめようがない。
視力とかと違って確認しにくい。
他の人が感じているのと
わたしが感じているのと
どれくらいずれているのか。

キムチくらい味がはっきりしていると
わかるので
昨日はキムチを食べ過ぎました。

というわけで今後二週間は
自己管理をしっかりすること強化キャンペーン(意識的にさぼる・楽をする)
を実施するつもりです。

前向きに、自律的なひとになっていけるよう
取り組みたいと思います。
[PR]

by writetoyou | 2008-06-29 15:03 |
2008年 06月 12日

おりてゆく




f0117651_2145276.jpg




これから眠ります。
なんか疲れ過ぎてうまくリラックスできないのです。

おりてゆく。
そんなイメージで眠りに入りたい。
そんなきもちでこの写真を選びました。
[PR]

by writetoyou | 2008-06-12 02:16 |
2008年 05月 25日

わたしに、みずみずしさを




f0117651_23101165.jpg



食べたものから体はできます。
今日食べたものが
あしたのわたし
あさってのわたし
さんねんごのわたし。
だから、選ぶことができるのであれば
なるべくおいしいものを
体のほしがるものを
季節にふさわしいものを
そのときおいしいものを
とれたてのものを
買いたてのものを
切りたてのものを
作りたてのものを
熱々のものを
よく冷えたものを
ごくりとつばをのむようなものを
そういうものを食べたいと
一緒にいる人と
笑い合って食べられるようなものを
疲れているからだに
染み込んでいくようなものを
あしたのわたしが
いまよりもっとみずみずしくなるようなものを
指の先まで
水分とちからがいきわたるようなものを
そういうものを食べたいと
いつも思っています。
いつもいつもそううまくいくとは
かぎらないけれど。
このパパイヤは、
まさにそんな感じの食べ物でした。
つばがわきでる、気がはやる、早く食べたい
そんなたべもの。
[PR]

by writetoyou | 2008-05-25 23:14 |
2008年 04月 02日

おじさんが「休養がいちばんだよ」と。

今日は会社の先輩に断って18:20に会社を出て
急いで、19:00までやっている
小さな医院へいきました。

「かぜですね。」

18:55にお会計を済ませて処方箋をもらって
急いで、19:00までやっている薬局へいきました。

薬局のおじさんはていねいで元気な人で
指差し確認しながら薬の説明をしてくれ
(薬のような、からだに毒にもなりかねないものについては
 指差し確認をするのがとても大切なことだと思う)
でも最後に
「休養がいちばんだよ!」
といってくれた。

そっかー。
薬より休養かー、と
思いました。
[PR]

by writetoyou | 2008-04-02 20:07 |
2008年 02月 14日

思い切って休むのも大事です





f0117651_1014854.jpg




昨日は会社を休みました。
休んでよかったです。
こんなに
「休んでよかった」と思ったことはありません。
(これまでは罪悪感が先に立っていました)

疲れていたのか冷えていたのかわからないけれど
月曜日は働きながら何度も戻しそうになっていて
ぜんぜん仕事ができていませんでした。

必要なら、休むのは大事です!

一日中ごはんも食べず何も飲まずおしっこにもいかず
ずうっと寝ていました。

ものすごく後ろ向きだった気持ちが
明るく、軽くなりました。

心やあたまの中での問題だとばかり思っていることが
実は体を休めれば随分と解決する
という場合も
おうおうにしてあることなのだ
というのを思い出しました。
[PR]

by writetoyou | 2008-02-14 10:09 |