いつか書く手紙

write2you.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:風景( 42 )


2007年 08月 09日

夕暮れ





f0117651_1235811.jpg







昨日、船からみた景色。
[PR]

by writetoyou | 2007-08-09 12:04 | 風景
2007年 08月 09日

かもめとベイブリッジ




f0117651_103742.jpg






かもめが群舞していました。
グライダーのよう、凧のようでした。

糸に引かれるように、風の中で止まっていました。
[PR]

by writetoyou | 2007-08-09 01:51 | 風景
2007年 08月 07日

夕焼け




f0117651_18234655.jpg






とてもきれいです。
湘南新宿ラインより、新川崎辺りの眺め。
[PR]

by writetoyou | 2007-08-07 18:24 | 風景
2007年 08月 02日

光る電車




f0117651_181717100.jpg






夕方の電車では
夕日が車内にさっと射した瞬間
窓も人も鉄の棒もきらっと光って
そのときいい気分になります。
[PR]

by writetoyou | 2007-08-02 18:15 | 風景
2007年 08月 02日

丸い雲




f0117651_17571044.jpg





今日は会社をすぐに上がって、駅まで歩く途中
絵にかいたようなかたちの雲がぽこぽこ浮かんでいました。
風が強いようですごい速さで流れていました。
[PR]

by writetoyou | 2007-08-02 17:59 | 風景
2007年 07月 29日

雨上がりの投票所




f0117651_16593362.jpg





今日は参院選の投票日です。
昼下がり、雷鳴が轟き空は真っ暗で
投票にいくのが億劫になりかけましたが
さいわい雨は上がり
空気が適度に湿り気を含む
さわやかな夕方となりました。

写真は、投票所のある飛鳥中学校にて。
[PR]

by writetoyou | 2007-07-29 17:09 | 風景
2007年 07月 26日

とてもきれいなあの景色



f0117651_1437100.jpg





きのうは仕事でたくさん歩きました。
この空をみたとき、夏はこう過ぎていくのだなと思いました。
日がだんだん短くなっていくのがわかりました。
もう夏至を越えて一月余りが経ちました。

とてもきれいな夕方の空から、六歳の頃を思い出します。
毎日遅くまでブランコを漕いでいました。
空と、空に届いているかにみえる、山の上で揺れる竹林とをみながら。
ブランコに塗ってあったペンキの色も、はっきりとみえます。
目をつむらなくともみえます。
[PR]

by writetoyou | 2007-07-26 01:54 | 風景
2007年 07月 15日

夜明けの雨

夜更かししてしまいました。

うっすらとすでに明るい外。
激しくなりだした雨。
湿り気を帯びて、頬に首にまつわりつく、わたしの長い髪。

壁や雨戸にあたる雨の粒のぼつぼつという低い音と
アスファルトに落ちる雨の粒のやや高めのかそけき音
路の脇を流れてゆく水のちょろちょろという鈴のような音
車が跳ね上げつづける路面の水のさあーっという音
すべてが同時に聞こえます。

なんだかおもしろい。すべてがいちどにきこえるのに
それぞれの色ははっきりしていて
でも調和していて
雨というひとつの景色になっています。

そしてそこに、このキーボードを叩くこの音もそっと混ざります。
[PR]

by writetoyou | 2007-07-15 04:43 | 風景
2007年 07月 10日

横浜: インターコンチネンタルホテル



f0117651_15593817.jpg




f0117651_15593764.jpg




横浜のインターコンチネンタルホテルの31階のトイレから
凄まじいくらい海がよくみえるということがわかりました。

綺麗というよりも、
今日は曇っていて
空気の重さも、海の色も、ずぅんとしていて
重量感がすごくて、巻き込まれそうで
しばらくみていました。

31階にはエスニック料理のお店とチャイニーズのお店とがありますが
チャイニーズのほうにしかトイレがなくて
わざわざそちらの店へ入らなくてはならず、不便なつくりだなと思っていたのですが

初めて入ったら
崖の上から海を臨むような眺めで
きれいとかを超えて、
間違いを起こしそうになるような景色でした。


『暗い日曜日』という曲の話を思い出しました。
第一次世界大戦中にヨーロッパで流行った、
聴いた人が次々に自殺したという美しい旋律のピアノ曲です。


きれいなのですが、胸に重い金属の塊を飲み込んだような気持ちになる景色でした。

圧倒的なのです。
水の塊が、生きているようで死んでいるようで、すごい。
[PR]

by writetoyou | 2007-07-10 15:59 | 風景
2007年 07月 05日

夏の空 02 雨上がり



f0117651_8353720.jpg





久し振りに雨がすっきりと上がって

駅まで歩く途中
花の鉢植えや
朝顔の伝う塀や
並んで歩く一年生のランドセルや
いろんなものが
潤いは保ったままきらきら輝いていて

あ、
今日は美しい世界

と思ってしまいました。
美しいなんて
使うのが面映ゆい言葉ですが。


今日は出張なので
いまはのぞみ号に乗っています。
それほど冷房が強く効いておらず
快適です。
[PR]

by writetoyou | 2007-07-05 08:47 | 風景