<   2007年 10月 ( 61 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 31日

流れる夜





f0117651_422480.jpg






もう築地の市場も動き出しているし
パンの配送のトラックも走っている
そんな時間。

夜明けが遅いので
まだあと二時間ほどきっと
真っ暗だけれども。

昼間と違って
空気がすごく冷たい。
[PR]

by writetoyou | 2007-10-31 04:25 | 風景
2007年 10月 31日

夜中に





やらないといけないのがあって
仕事をしていて
コツコツやっているけれど
なかなかはかがいきません。
時間のかかる仕事です。
楽しいからいいんだけど
明日までにやらないといけないから困ったな。

二時間に一度くらい
やった分のうち一部を抽出して、検証して
うまくいってる部分があると
嬉しいです。
[PR]

by writetoyou | 2007-10-31 02:32
2007年 10月 30日

噛む





今日はお弁当を持参して
ゆっくりよく噛んでお昼をいただきました。

最近帰りが遅くて体が歪んでくるので
こういうことから始めようと思ったのです。
[PR]

by writetoyou | 2007-10-30 15:08 |
2007年 10月 30日

からだの話





今月は新しい会社に入りました。
最初は緊張しました。
そして最初からとても忙しかった。

緊張するし
よく働くし
体はたぶん
いまは休めないんだな
と思っています。
生理が全然こなくて困ります。

ちゃんと来てくれないとそっちのほうが
気になるし、
生理が来る前の
疲れやすさや気分のもやもやが持続してしまい
かえって困るのだけれど
(とはいえ
 生理が来ると
 その日と次の日くらいは
 冷えるし痛いし
 寝込みたいくらいで
 全然仕事のはかがいかない)

体はきっと
「いま生理になっても休めないし
 なんか落ち着かないし」
と思っているのだと思います。

いつも
大変になると生理がこなくなって
また、ひと段落すると来るから


体というのは
何でも知っていて

わたしからは見えないけれど
わたしのそばに張りついて
ひっそりと立っている
もう一人のひとのようだ
と思うのです。
[PR]

by writetoyou | 2007-10-30 12:21 |
2007年 10月 30日

家庭科室と音楽室





f0117651_3472925.jpg






f0117651_348177.jpg






歩いていた道が、小学校に面していました。
[PR]

by writetoyou | 2007-10-30 03:49 | 思い出
2007年 10月 30日

住宅地を抜けて





f0117651_3431995.jpg






道はまっすぐ続いています。
二人は歩き方からもう対照的です。
[PR]

by writetoyou | 2007-10-30 03:44 |
2007年 10月 30日

マンボウ





f0117651_339944.jpg






お金持ちの多そうな静かな住宅地に
不つり合いなシャッターに描かれたマンボウ。
とても可愛らしいのでした。
[PR]

by writetoyou | 2007-10-30 03:40 | 風景
2007年 10月 30日

イワシのぺペロンチーノを食べた





f0117651_3341393.jpg






とてもおいしかったです。
少し塩がきつかったけれど。
[PR]

by writetoyou | 2007-10-30 03:39 | 食事
2007年 10月 29日

九品仏





f0117651_13284250.jpg






九品仏にあるデザイン事務所に来ました。
カフェが併設されています。
椅子とテーブルはカリモクのものでした。
[PR]

by writetoyou | 2007-10-29 13:31 | 東京
2007年 10月 28日

夏目漱石『文鳥』

わたしはまじめな読書家ではありませんが
夏目漱石の小説と随筆は
全て読みました。

人に「何がいいの?」と訊かれたら
「『それから』」
といつも答えますが
わたしにとっていちばん強烈なのは
『文鳥』です。

ごく短い随筆で
文鳥を飼い始めた漱石が
文鳥を殺してしまうまでの
ごく短い期間が
描かれています。

淡々と写実的で
文鳥が
なまめかしい程可愛らしいのが魅力ですが、
書き手の身勝手さが
こんなによく書かれている文章はなかなかない
と思われ、
感心するし
その身勝手な男のあまりの身勝手さに
むらむらと腹も立ちます。

鳥を殺しても
殺してしまったことへの責めではなくて
自分のせいだと人に思われるかどうかだけを
気にしていて
鳥が死んだという事実を
まるで虫でも払うように
振り払おうとしているずるさに
ぞっとします。

とても印象深い文章でしたが
何年か振りに読み返すと
書かれている内容のひどさが
以前よりさらに強烈に感じられて
悲しくなる程でした。
でもとても面白い随筆だと思います。
[PR]

by writetoyou | 2007-10-28 11:20