<   2007年 12月 ( 41 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 31日

川を渡って





f0117651_18501679.jpg







橋の上からみる鳥たち。
まぶしくて目が眩みます。
[PR]

by writetoyou | 2007-12-31 18:51 | 風景
2007年 12月 31日

今年の反省もしてみよう!





今年の反省もしてみよう!と思いました。
そのまま来年の抱負として書きます。

1. 疲れすぎないように、自分でコントロールすること。
2. 期日や時間に遅れるときは、前もって相手に知らせること。

この二つがすぐに思い浮かぶものです。
両方とも、
自分の抱えているものの量と自分のさばける量とを
ちゃんと把握できていないし、把握しようとしない
ということにつながっています。

あと、さらに遅れて思い浮かぶことは
3. 100%を目指さずに、とにかく物事を前進させること。
です。
これもこの、
思い詰めるというか、きりがなくなってしまう性格に
起因するものなので、つながりがあります。

というわけで
わたしの来年の抱負は、
大きくまとめると
「つねに自分の容量とto doの量とを認識して動く」
ということではないか、と思いました。

昔からすぐに
「メモリがいっぱいすぎて落とすこともできません」
みたいな感じになっちゃうから。
疲れてるのに眠れない、とか。

でもいまいち愛らしさに欠ける抱負だと思うので、
年が明けたら
また明るめの抱負もたてようと思います。
[PR]

by writetoyou | 2007-12-31 14:13
2007年 12月 31日

今年月表





今年の出来事・気持ち


一月…
帰省するものの、あまりコロちゃんと遊ばなかった。
コロちゃんにいつもの輝きがなかった。

仕事は相変わらず単調で、非生産的、自己目的化したタスクばかりで
うだうだと退屈しながら手を抜いてやっていた。


二月…
博多へ出張。その帰りに広島へ寄る。
おばあちゃんがぼけてしまっていた。
たいへんショック。
何を話していいのかわからず、あまり優しくできなかった。
ただ連れていった彼氏のことを結婚相手だと勘違いして
「だんなさんと仲良くね」と嬉しそうにいっていたので
よかったかもしれない。
いちごをおいしそうに食べてくれた。

ある土曜日の晩、コロが危篤だと聞き、
翌日曜日、日帰りで帰省。
道中も涙が止まらなかった。
コロは立ち上がれないのに
必死で愛嬌を振りまこうとしてくれた。

翌々日、コロが死んでしまう。


三月…
親友が無事に大学を卒業、医師として働き出すので
その前に、と急にしたくをして四国へ旅行する。
直島はいいところだった。
うどんもおいしかった。

山の中の谷川米穀店という店で
うどんをすすっていたところ(おかわりした)
携帯電話が鳴り
広島のおばあちゃんの死を知らされる。

翌日は予定通り旅行を進める。
翌々日、広島へ。
スーツやバッグはすべてそのころ同居していた彼氏に
現地へ送ってもらった。

お通夜、お葬式、施設にあった荷物の引き取り。
いろいろ終わってほっとしたあとに初めて涙が出た。
悲しいし悔しくて悔しくてたまらない、後悔の涙だった。

広島から東京へ帰る途中、
京都で途中下車。
高校の頃の友だちに会う。
すてきな感じで、明るいオーラを放っていた。
会えてとても嬉しかった。
わたしの悲しみに共感してくれて、
とてもやさしい人だと思った。

妹が高校を卒業し、大学へはいるために上京。
わたしはそれまで暮らしていた彼氏の家を出て、
二人で暮らし出す。
通勤が大変になるものの、妹と二人暮らしは楽しい。
妹は明るく、料理がうまく、よく踊る。


四月…
会社(前の会社)の請求システムが
五月一日から使えなくなるので、
それの改修のために忙しくしていた。
疲れたけれどやることがあるのであまり嫌な気はしなかった。
暇なのが一番困る。

祖父母が五十一年間続けてきた寿司店をたたんだ。
最後の日には、弟と帰省して
おつかれさまとおめでとうをいいにいった。


五月…
なんとか無事にシステムも動いてほっとした。
もう会社に行く気がしなくなった。
前任者の後始末のような業務しかない会社が
ほとほと嫌になる。
空しくて何かが切れてしまった。限界に達した。
何回かずる休みをして有給が残り僅かになる。
彼氏に泣きながらやめますと電話していた。

リクナビNEXTに登録してみる。
履歴書やエントリーシート、自己PRの類が
苦手というか吐くほど嫌いなので、
すごく行き詰まる感じがするが
このままの会社にいたら自分がクズみたいになると思ったので
転職は絶対しなくちゃ、と思う。


六月…
今の会社の説明会に行く。
その会社の人も
受けにきている人も、攻撃的な人が多そうに見えた。
何回か呼ばれて面接や筆記試験を受ける。

他の会社も三社受けるが、すべて書類と一次面接で落ちる。


七月…
今の会社から採用の内定をもらう。
とてもほっとした。
でも行きたくないなと思う。
こわそうな会社だと思う。

他も受けてみようと思う。
英語を使う仕事か、書くことに繋がる編集系がよいと思う。

妹は「そこでいいんじゃないの?」という。
親は社名を聞いて、自分たちでも知っている会社なので
喜んでいるようだった。


八月…
オフィスを見学させてもらう。
人が少ないし、他にも色々思ったところがあり、ここでよいのではないか
と思う。
とてもこわかったけれど、
少なくとも今の会社よりはマシな人生が待っているはずだ
とはっきり思った。

帰省する。わたしの帰省の後で帰った妹と弟は
みんなで温泉に行ったらしく、
うらやましかった。
それなら先に教えてほしい、と思った。


九月…
仕事では、けっこうぐだぐだな感じで引き継ぎをする。
下旬に会社が終わる。

十月から忙しくなるかと思い、いろいろと友だちに会った。
楽しかったし、疲れた。
会えてもっとも楽しかったのは、
写真をとるのが好きな36歳のお姉さん、
書店員のお姉さん(年齢忘れた)、
三味線をひくお姉さん29歳の三人です。

終盤、タイ旅行。
タイはじっとりと暑かった。
仏像はそうとうに大きかった。
行きの飛行機がビジネスクラスだった。
そこでみたアルモドバルの映画『ボルベール』はすばらしかった。
タイはつねにごはんがおいしかった。
何より子ゾウのかわいらしさといったらなかった。
マッサージの凄さには感動した。
ハーバルボールも使うオイルマッサージの2時間コースだった。
写真もたくさん撮って、アルバムにした。
水上マーケットではボートの速度が速くて楽しかった。
水の色はミルクの少ないミルクティーのようだった。


十月…
仕事が始まる。
とても楽しい。
みんないい人だしみんな特技のあるような人ばかりで
すばらしいなと思った。
(それはいまもそう思う)

でも忙しくて全然眠れなくなった。
三時間くらいで目が覚めてしまう。
体重も減った。


十一月…
仕事が一番忙しかった月。
働いた時間が270とか280時間とかだったと思う。
でもそれでも実家の父と母の自営業に比べたら
ものすごく楽な仕事だと思った。
会社員ってぬるいし、安全。はがゆいこととかもあるけど。
でもほんとに恵まれた身分だと思う。

仕事の中に書くという作業が入ってきて、
嬉しいと思う。

眠れなかったのが、
終盤、少しずつよく眠れるようになる。
体重も戻った、というよりどんどん増えてきた。


十二月…
いろんあことがあった。
タクシーで帰ったのは一度か二度だけで、
だいたい電車で帰ったから、ぜんぜん忙しくない月。

悲しいこともあった。

でも体重も増えて、随分健康になった。
口内炎ができにくくなった。

今日で今年も終わりです。
今年は転機の年だ、と犬と祖母が死んだ時点で思い、
転職を決めましたが
はたしてその通りでした。
テンキだったなあ、と思います。
あとから振り返ったときに、
あのテンキを
いい方向へハンドル切ったんだな
と思えるように、日々がんばりたいと思いました。
がんばるというのは
まじめに、嘘をつかずにやっていくということです。

いつも支えてくれている人には
どうもありがとう、と思います。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
[PR]

by writetoyou | 2007-12-31 13:56
2007年 12月 29日

髪を切りに





これから髪を切りにいきます。
梳いてもらって揃える程度ですが。

妹も一緒にいくはずでしたが
風邪をひいてしまい
今日は来られません。

もう三年ほど通っている銀座のサロンです。
[PR]

by writetoyou | 2007-12-29 11:12
2007年 12月 29日

土曜の朝に





曇っています。
あいうえおです。


青い

失う

お大事に
通って
銀座
偶然
けれど
これから
探そう
仕事
梳いて
背負いたくなかった
揃える
だけは
ちょっと
って
とても
ないね
には
抜け
ねっていう
のに
はずでしたが
ひいてしまい
プラスには
ペン
ほわほわ
守って
見送りました

面接前
もうすぐ
やろうとしていた
ゆきだったから
よろしい
らなかった
りました
るから
れています
路線
わかったとき
をも

[PR]

by writetoyou | 2007-12-29 11:11 | 携帯の変換予測
2007年 12月 28日

仕事納め





年内にやろうとしていたことは終わらなかったけれど
最終日もなかなか忙しく働き
自分で仕事納めということにして
会社を上がりました。

喉が痛いです。
風邪をひいたと思います。
[PR]

by writetoyou | 2007-12-28 20:00 | 転職日記
2007年 12月 27日

あいうえおをやってみる





安吾
いいね
失う

思った
カシスジャム
京都
偶然
契約
五千
残念
私論
すみ
背負いたくなかった
そういう
タルト
ちょっと
作った
でも
どこ

日本
塗る
ねっていう
のです

ひどいなあ
文化
ベトナム料理
本当に
守って
みようよ
無知
メンターム
もう少し
やってみる
指輪
四千
来年
料理
るから
れています
六本木
わかったとき
をも
んだね
[PR]

by writetoyou | 2007-12-27 12:40 | 携帯の変換予測
2007年 12月 27日

言葉でいえない





わたしは言葉が大好きですが
言葉でいえないこともあるとわかったとき
感動しました。
それはとても
懐かしく
あたたかく
無知で
頼りない感覚です。

たしか二年前の夏、
それで大泣きして
何時間も泣いて
そのあともたしか
ベトナム料理を食べにいきました。

偶然です。
いま気がつきました。

ベトナム料理とは涙の縁があるのかな。
[PR]

by writetoyou | 2007-12-27 02:34
2007年 12月 27日

バインセオ





今日はバインセオを食べながら泣いてしまいました。
泣きながらベトナム料理を食べたのは初めてだなと
思いながら
ベトナム料理を食べていました。

そのとき、とても悲しかったのです。
[PR]

by writetoyou | 2007-12-27 02:28
2007年 12月 26日

明け方の変換予測





愛の
いいかな
鬱々
選ぶ
おやすみなさい
書いて
気持ち
くれているし
結婚するのかな
ごめんね
寂しい
仕事
するのかな
先輩
そいでも
だから
ちっとも
伝えました
という
納得

塗る
眠れなくて
の言葉
初めて
ひどい
増えて
減らず
ほしいんじゃないのよ
待ってる
みたい
むしろ
メール
ものたりなかった
やっぱり
指輪の
弱い
来年
両方ほしいんじゃないのよ
るから
れています
六本木
わたし
をはじめとして
んで
[PR]

by writetoyou | 2007-12-26 06:06 | 携帯の変換予測