いつか書く手紙

write2you.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 07日

蝉のセミ次郎のこと

昨晩寝るまえに
蝉のセミ次郎のモノマネをしたら
夫が笑っていた。

見るに値する芸を繰り出せたようでうれしい。


=====
セミ次郎は明かりが大好きで
夜のコンビニの
輝くガラス戸をめがけて突進するが
からだの軽さが軽すぎて
扉が開かない。

せつない。

セミ次郎もほんとうは
ファミリーマートの
入店のメロディが聴きたい。

俺のために歌ってくれ、自動ドア。

なんどもガラス戸にぶつかって
それでもあきらめきれなくて
ガラスのふもと、
足拭きマットのはじでうずくまっていた
真夏の夜のセミ次郎。

俺が生きていられるのは
あと三週間か十日か
それともよくいわれるように一週間しかないのか。

せつながっていたそのときに
サラリーマンがなにげなく
ドアをくぐって
「いまなら」「いまだ」とセミ次郎は思う。

飛ぶ。

ぶん。

自動ドアがしまるまえに
セミ次郎の高度は1メートル70センチに達し
見事に入店を果たした。

じじじじ。

あの入店のメロディは流れない。
ファミリーマートに歓迎されるには
セミ次郎のからだはちいさすぎて軽すぎる。

セミ次郎はそれでも満足だった。
高く高く飛びながら
蛍光灯につぎつぎと挨拶をする。

これがレトルト食品ですか。
これがスナック菓子ですか。
これがハーゲンダッツですか。いいですね。

これが週刊誌ですか。
これが競馬新聞ですか。なんでもありますね。

セミ次郎は店内を自由自在
縦横無尽に飛び回る。

ああ、これがハイライトですか。
これが缶チューハイですか。
これがブルガリアヨーグルトですか。
いいですね。

店長がバイト君に命令をする。
高校生の彼は店でいちばん背が高い。
レジ裏に常備してある虫取り網を手に
ふたりはしずかにセミ次郎を追いかける。

セミ次郎はいっそう
悲壮なほどの声で鳴く。

俺は明るいのがすきです。
俺はこの場所がすきです。
蛍光灯の真下を飛んでいたい。
いろんな品物の上を飛んでいたい。

じじじじ。

じじじじじじじ。

OLが逃げまどう。
サラリーマンが首をひねってよける。

セミ次郎は網の中に。
バイト君が外へ出て
茂みにそっと放す。

せめてもっと話したかった。
おいおまえ、おれのこと捕まえて楽しいのか。
じじじじ。

バイト君の戻っていったコンビニを眺めて
セミ次郎は泣く、
じじじじ。



=====
というのを5分ほどの踊りに込めて
踊ったらすごく汗が出たし、夫も笑ってくれるし、
ひじょうによかった。エンターテイメントです。
[PR]

by writetoyou | 2013-08-07 20:39 | 動物
2013年 08月 07日

ものすごく久しぶりに/夏が暑くて

なぜこんなに広告がべたべた出ている?と
すこしいらつきながらも
久しぶりにブログを書くことにした。

はじめ、エキサイトブログは広告が出ないから使っていたのに。
管理画面も広告が多すぎて必要なボタンさえ見つけづらいという
とてもよくないUI。
エキサイトがなんだか不憫なくらい。


====


夏の暑さも、
ことしはずっと暑いというよりは
暑い日が例年よりずっと早く、六月半ばから始まってしまい
それが一定しない感じがある。
そんなに暑くない週もあるし。

夏の期間そのものはわたしがこどものときよりも
長く延びたかもしれない。
地元の母も「最近は暑い」といっていた。

「最近は物騒だ」というのはわたしは違うと思っていて
それは自分が十四歳の頃「キレる十四歳」のようなものが
話題になっていたときにも思ったし
凶悪事件のおおもとをゲームやネットにもとめる話が出るときに
毎度思う。
昔の少年少女も凶悪犯罪は起こしていた。

個人の起こす悪い事件というのは
エスカレートしたり増えたりはしていなくて
それを増えたようにみなすのは、たいていは目の錯覚だと思う。
ただその小道具が現代的なものに日々刷新されていくだけで。

遠くなった過去は牧歌的に見えるもの。

しかし夏の暑さについては
どうもひどくなっているのは確からしい。
ゲリラ豪雨と呼ばれる雨も珍しいものではなくなってしまった。

日本は熱帯になってしまったのに
衣替えの日取りや
首を締めるネクタイや
ランドセルという重たい鞄が
いまもそのままあるのは、ばかくさいことだと思う。

八月は原爆忌、終戦記念日、盆踊りとつづくけれど
盆の季節が終戦の季節なのは因果なものというか
いやむしろこの季節だからこそ
こんなにずっとみんな終戦のころに
テレビの特番もやって追悼式もやってと
つづけてきたのかな、と
ことしにかぎらず毎年考える。

広島からの中継では、
全国から寄せられた千羽鶴たちが何百と
みっしりとアクリルの壁に密着していた。

千羽鶴を板に貼付けて「絆」という文字にしているものもあって
どこかの中学でつくったんだろう。
その漢字をどの子が提案したのか、先生がいったのか。
趣味がよくない。
[PR]

by writetoyou | 2013-08-07 19:53 | 季節のうつろい